おすすめ記事ピックアップ

2018年

2018年流行った、終わったブランドとこれからを予測していくスレ

22
コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1: ノーブランド 2018/08/18(土) 07:45:53.87 ID:RfSws0dt0
    ・シュプリーム
    ヴィトンのコラボで人気最高潮でこれからは徐々に下がっていき元の位置に収まる

    ・バレンシアガ、ヴェトモン
    インフルエンサーの影響で人気爆発した代わりにファッション感度の高い上位層は元々のファンを除き敬遠

    ・ゴーシャラブチンスキー
    休止

    ・オーラリー
    キノコ達から圧倒的な人気
    来年も人気は継続するだろう


    などなど適当に予想していこう
    men's FUDGE - メンズ ファッジ - 2019年 1月号 Vol.109
    men's FUDGE - メンズ ファッジ - 2019年 1月号 Vol.109

    Sponsored Link

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    大赤字の三陽商会、バーバリーとの契約見直しに一縷の望み...

    18
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1:名無しさん:2017/02/27(月) 18:44:16.99 ID:CAP_USER.net

    「いや、あれはあのー、いろいろな総合的な判断で……」。岩田功・三陽商会社長は言いにくそうにしながらも、本誌直撃取材でとある計画の再開を口にした。

    その計画とは、本社新別館ビルの建設である。2015年6月末に英バーバリー社とのライセンス契約が終了してからというもの、三陽商会の業績は大きく低迷している。中期5カ年経営計画の取り下げも余儀なくされた同社は、新経営計画の「目指す方向性」を公表した昨年10月、同年2月に発表した新別館の建設を一時凍結すると表明していた。  ~中略~

    社内の疑問を払拭する機会があるとすれば、18年がそのタイミングの一つになるだろう。
    実は18年6月末、バーバリー社との「ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジ」のライセンス契約が切れるのだ。三陽商会は今、契約の見直し交渉中である。

    SANYO < 100年コート > ダブル トレンチ
    SANYO < 100年コート > ダブル トレンチ

    この記事の全てを読むにはここを押してください


    おすすめ記事
    月別アーカイブ
    top-back