おすすめ記事ピックアップ

廃刊

男性ファッション誌「warp MAGAZINE JAPAN」休刊へ ― 22年の歴史に幕

2
コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1:名無しさん:2018/05/24(木) 01:33:55.73 ID:CAP_USER9

    出版社の「トランスワールドジャパン」は、月刊誌の「warp MAGAZINE JAPAN」を、6月23日発売の8+9月合併号をもって休刊すると発表しました。

    1996年に創刊の同誌は、アメリカ西海岸のボードカルチャーやユースカルチャーをいち早く日本に紹介したほか、近年は海外に目を向けた東京発信のファッション・ライフスタイル誌として支持を得ていました。

    しかし、デジタル化の進展による情報源の多様化に加え、読者や業界を取り巻く環境の変化を考慮し、休刊の決定に至ったようです。

    warp MAGAZINE JAPAN 休刊のお知らせ

    https://www.transworldjapan.co.jp/news/warp-magazine-japan/

    warp MAGAZINE JAPAN 2018年 7月号
    warp MAGAZINE JAPAN 2018年 7月号

    2018年5月23日 04:21 
    不景気.com 

    https://www.fukeiki.com/2018/05/warp-magazine-discontinued.html

    Sponsored Link

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    【出版】メンズファッション誌「2nd(セカンド)」が今月で出版を終了に

    15
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1:名無しさん:2018/02/28(水) 02:14:27.69 ID:CAP_USER.net

    株式会社エイ出版社(東京、角謙二・社長)のメンズファッション誌「セカンド(2nd)」は、3月16日発売の5月号をもって雑誌の発行を終了する。同号は11周年号に当たり、「あの人の『下駄箱』が見たい!」を特集する。

    メンズファッション誌「セカンド」が出版を終了

    同誌は30~40代男性をメーンターゲットに、ネイビーブレザー、ボタンダウンシャツ、ローファーといったアメリカントラッド・スタイルを定着させた。発行部数は公称7万5000部。

    今後はデジタルマガジンとして継続し、ファッションスナップや革靴に特化したムックは別冊セカンドとして発行を続けるが、高橋“ジャック”大一・編集長は退社する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00000054-wwdjapan-bus_all

    2nd(セカンド) 2018年 4月号 [雑誌](特集:パダゴニアを語ろう。)
    2nd(セカンド) 2018年 4月号 [雑誌](特集:パダゴニアを語ろう。)

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    「AneCan」休刊で業界に激震!ファッション誌が衰退したワケとは?

    10
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1:名無しさん:2016/08/21(日) 01:15:17.19 ID:CAP_USER9.net

    モデルの押切もえらが専属モデルを務める女性ファッション誌「AneCan」が、
    11月7日発売の12月号をもって休刊することが明らかになった。

    同誌は、「お姉さん系CanCam」として06年に年2回刊行後、翌07年3月から月刊誌として創刊。
    その後、アラサー女性の心をつかみ、広く認知されるまでに成長したが、発行元の小学館は
    「昨今の読者ニーズや広告環境の急激な変化を真摯にとらえ、月刊誌としての休刊を決定しました」とコメント。
    ウェブサイト「AneCanTV」は引き続き運営していくという。

    元ファッション誌の編集者は、同誌の休刊についてこう語る。

    「『AneCan』の創刊当初はまさにファッション誌にとっての“バブル期”。
    関わっているスタッフは誰しも好景気が続くと思っていたが、徐々に部数が減少していった。
    それでも、インターネットの普及や紙離れ、活字離れなど業界を取り巻く環境の変化を把握できず、“バブル”気分で浮かれたままだった。
    今後、ほかのファッション誌も休刊していきそうですね」

    AneCan (アネキャン) 2016年 9月号 [雑誌]
    AneCan (アネキャン) 2016年 9月号 [雑誌]

    この記事の全てを読むにはここを押してください

    光文社、1990年創刊の男性誌「Gainer(ゲイナー)」の休刊を発表

    6
    コメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1:名無しさん:2016/04/22(金) 19:03:26.42 ID:CAP_USER*.net

    時事通信 4月22日(金)18時59分配信

    光文社は22日、男性ビジネスマン向けファッション月刊誌「Gainer(ゲイナー)」を6月24日発売の8月号をもって休刊すると発表した。

    同誌は1990年9月創刊。
    創刊号の23万部がピークで、近年は6万5000部前後まで落ち込んでいた。 


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000146-jij-soci


    Gainer(ゲイナー) 2016年 06 月号 [雑誌]
    Gainer(ゲイナー) 2016年 06 月号 [雑誌]

    この記事の全てを読むにはここを押してください


    おすすめ記事
    月別アーカイブ
    top-back