1:名無しさん:2018/02/22(木) 00:46:18.69 ID:lP4U4bn60.net BE:357092553-PLT(12000)

2/24 9:00 新色を加えて6カラー同時発売
自動シューレースシューズ Nike Hyperadapt 1.0

販売経路・ナイキオンラインストア SNKRS 各 81000円 
2/24 9時発売
news_1519227978_102

1989年公開のSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part II」に登場した(公開当時は未来の)2015年に登場する架空のナイキスニーカー「Air Mag」は、80年代に思い描いた「未来」感らしい発光ギミックやハイカットシルエット、そして「自動で靴ヒモを締める機能(オートシューレース)」がプロップながら大きなインパクトを与えた。

スポンサードリンク


2011年には「2011 MAG」としてシルエットを忠実に再現し製品化。劇中の時代にリアルタイムが追いついた2015年にはオートシューレース機能を持ったモデルが発売すると発表され、翌2016年に数量限定で発売されるも、いずれもオークション、チャリティオークションなどの限定的な販売方法となりました。

そして、「未来の靴」のもっとも特徴的な機能「オートシューレース」をより一般に普及すると言う命題の元、「Nike HyperAdapt」と命名されたシューズが市販化。自動シューレース機能の他に、通常のシューズのように着用して運動しているうちに緩んでくるシューレースに対しスイッチ操作で調整する機能も加わっており、 2016年にはアメリカで数量限定で抽選販売。$720という価格ながら日本国内での発売も完売の人気となっています。

さらに2/24にはファーストカラーを含む全6カラーが待望の再販売予定となっています

001

002

003

004

005

006

007

008

http://japanican.blog.jp/archives/51536542.html


3:名無しさん:2018/02/22(木) 00:46:57.40 ID:+xdz6vPY0.net

スリッポンでいいじゃないかもう


5:名無しさん:2018/02/22(木) 00:47:23.20 ID:n+/bsqXd0.net

>>1
高い割に、デザインが良くないな。


6:名無しさん:2018/02/22(木) 00:47:38.88 ID:UJ5z6m+j0.net

バックトゥザフューチャー2って2015年の設定なんだよね・・


10:名無しさん:2018/02/22(木) 00:49:45.25 ID:7nEBiRPo0.net

2015年だったのかよ
思ったほど変わらなかったのかな?
スマホとか想像してなかったけど電気バイクもレーザー砲も来年には間に合わんな


11:名無しさん:2018/02/22(木) 00:50:08.54 ID:5tFIMLOzO.net

(´・ω・`)PC買える値段に草


16:名無しさん:2018/02/22(木) 00:53:52.27 ID:mCt9MDG/0.net

ジッパーのやつでいいじゃんw


18:名無しさん:2018/02/22(木) 00:55:47.44 ID:UCVJCXU30.net

まずは面白アイテムとしての販売なのかな


19:名無しさん:2018/02/22(木) 00:56:58.00 ID:o2wjHaCI0.net

売り切ればっかりだな


23:名無しさん:2018/02/22(木) 01:10:41.78 ID:DiwkAFo50.net

今見るととんでもないポンコツCGで笑える
笑えるんだけどあの頃は人類全体に夢があったと思える


27:名無しさん:2018/02/22(木) 01:27:40.29 ID:E+Pjbihv0.net

>>23
靴ひもが締まるシーンなんか、後ろから実際に引っ張ってるらしいからな


25:名無しさん:2018/02/22(木) 01:23:24.31 ID:F1ce+XKi0.net

どうやって紐締めんの?
モーターでも内蔵しとるん?


28:名無しさん:2018/02/22(木) 01:33:17.25 ID:h0BR+XrA0.net

>>25
小さいおじさんが入ってる


34:名無しさん:2018/02/22(木) 02:27:45.27 ID:HTLjyZSM0.net

1万くらいなら欲しい







こんな記事も読まれています